文字通り、強力なお好み焼き…モチモチ食感が好きな方はお試しください

お好み焼きを作るときって普通は薄力粉を使うんですけど、こないだうっかり間違えて強力粉を使ってしまいました。
カメリアの強力粉とニップンの薄力粉ってちょっとパッケージデザインが似てるんですよね。
(と、自分のどんくささを棚に上げてさりげなくメーカーのせいにしてみる)
それで、強力粉で作ったお好み焼きはどんな感じになったかというと、なんというか、強力な感じになりました。いやほんとです。

そもそも薄力粉は粒が細かくてグルテンが少なくさらっとしていますが、強力粉は逆で粒が粗くてグルテンが多くてもっちりしているという違いがあります。
パン生地を作るときは強力粉を使うんですけど、あれはイーストで膨らませるからふんわりするんですよね。
でもお好み焼きは膨らむ要素がないのでそのままもっちりずっしりした生地になり、噛みごたえがあって、ずーんとお腹にたまる感じのまさに強力なお好み焼きができあがりました…。
私的にはやっぱり軽くてさっくりの薄力粉のほうがいいですが、もちもちした食感が好きな人は強力粉で作ってもいいかもしれません。ミュゼ 腕脱毛