日本に定着したハローウィンの風習について感じること

今年もハローウィンの時期です。日本にすっかり定着しました。アメリカではハッピーハローウィンと言うんですね。しかし、何故あんな気味の悪い風習が定着したんでしょうか?そもそも死者の霊や霊界との交流が関係している古代ケルト人の儀式を基にした祭りで、世界中に似たような祭りがあるとの事。古代ケルト人の儀式を守る魔術崇拝者達はサムハインと今でも呼んでいて儀式を行っています。見えない世界を土台にして神秘性を持たせ、尚且つそこに商業界が目を付けて大々的に宣伝したので、ここまで定着したんでしょうか。そうであるなら同じ異教の風習であるクリスマスと似ています。勿論聖書を学んでいる人々にとっては受け入れるのは不可能な行事です。聖書の中の申命記18章の部分には占いを行う者、予言術や易、あるいは呪術を行うものまじないを使ったり、亡霊や霊に問い尋ねたり死者を呼び出したりする者が決してあってはならないと書かれているからです。申命記は今から約3500年前に書かれました。当時から霊界や死者の霊に関する行為が色々なところに見られていたんですね。それだけ神秘性は人々を惹きつけるという事でしょうか。行為の形は変わっても、今も昔も根本は同じという事です。聖書のアドバイスも同様に、昔の人々だけではなく、今の人々にも役立つものです。ですので、3500年前に書かれたとは言え、聖書を学んでいる人々はこの指示を受け入れなければならないと強く感じました。ミュゼ 背中 自己処理